市立伊丹病院

市立伊丹病院:http://www.hosp.itami.hyogo.jp/

【 PACS 】
画像の表示速度、過去所見の参照速度の向上
画像診断医の負担が大幅に軽減

土井 章久 技師
Climb-Server , MWM-Server , Climb-Web , Cardiovascular-Viewer , Radiology-Viewer , ReportSystem , Publisher(PMC,PMI)

弊社のPACS Climb-Serverの速度はいかがですか?

当院では、オリジナル画像を基本としているので、更新前のViewerでは画像が表示されるまでにかなりのタイムラグがありました。

更新後はスピーディに画像を表示できるようになり、Cardiovascular,Radiology,Web-Viewerのいずれもが選択と同時に画像の閲覧が可能になりました。

Viewer(Cardiovascular,Radiology-Viewer)の使い勝手はいかがですか?

更新後のレポートはViewerと連携しており、レポートシステムから1クリックするだけで、レポート作成画面とViewerが同時に開くようになり、手間も間違いも無くなりました。

また、過去画像も履歴一覧から選択し、1クリックで画像が表示されるようになっているので、 Viewerのシンクモードを使用することで、多検査が同時にスクロール、拡大、WW/WLの調整ができます。

画像の管理はどのようにされていますか?

撮影後の画像は一度GateWayを介して、撮影画像の患者・検査属性とRIS側の患者・検査属性を照合させ、一致したものだけをサーバに送るようにしています。

救急等で氏名の確認が取れない患者が来た場合でも、後に手動修正をかけ、もう一度GateWayに送信し属性情報の間違いがないかをチェックしているので安心して使えます。

電子カルテとの連携はいかがでしょうか?

電子カルテとClimb-Webとの連携ができるようになった事で、電子カルテから1クリックで選択患者の全検査履歴がサムネイル付きのリストで表示され、目的の検査の参照が素早く出来るようになりました。

その為、外来や病棟からのアクセス数は1日辺り2000件になり今後も増加する傾向です。

総合的にどのように評価されていますか?

更新にあたって、Viewerの機能、レポートの機能、HISとの連携などさまざまなメリットがありますが、その中でも特に画像の表示速度、過去所見の参照速度が速くなったことが一番のメリットですね。

画像診断医の負担が減る事で、画像を閲覧できる時間が増えました。

またViewerおよびレポートはユーザによって使い方が異なる為、ユーザ毎に設定を変える必要が出てきます。

当初の設定項目では補えない点は変更をお願いする事になったのですが、クライムメディカルシステムズは自社開発を行っているので、導入後も現場の要望に対応してもらい非常に助かっています。

一覧に戻る

Copyright© 2004-2019 Climb Medical Systems inc. All Right Reserved.