PPV3 算出データ入力支援アプリケーション:PPV3Entry

PPV3Entry

PPV3とは

PPV3entry画像1検診カテゴリーと診断カテゴリーから構成される乳房画像診断のプロセスが、乳房画像診断アルゴリズムとして重要である。検診カテゴリーは乳がん検診で使用するカテゴリーで、要精査(精査施設で乳癌の有無を診断する必要あり)か精査不要(乳がん検診の定期受診の継続)の乳がん検診のマネジメントを決定する指標である。
診断カテゴリーは精査施設で行う乳房画像検査の総合判定カテゴリーで,乳腺診療のマネジメントに直結するカテゴリーである。そして、診断カテゴリーを判定することは、乳房画像診断を基に個々の症例における乳癌確率を判定することである。

PPV3entry画像2診断カテゴリーから導かれPPV(Positive Predictive Value:陽性反応適中度)3が各精検施設の乳房画像診断の質を評価できるQI(Quality Indicator)となり、専門家集団の責任で自発的に乳腺診療の画像診断の質を評価し改善する自助努力を可能とする目標基準値となる。

日本乳癌学会より2019年7月に発刊した「検診カテゴリーと診断カテゴリーに基づく乳がん検診精検報告書作成マニュアル」では、PPV3の算出方法をPPV3=乳癌数 /(診断カテゴリー4,5の症例で組織生検または細胞診が施行された症例数)と定義した。
つまり、PPV3は診断カテゴリーで生検を推奨された診断カテゴリー4,5判定の症例で,実際に生検が行われた診断カテゴリー4,5の症例数に基づいた陽性反応的中度である。

PPV3entry画像3PPV3Entryでは、診断カテゴリー4,5で生検を推奨された症例数と病変数の両方でPPV3を算出できるように工夫してある(文責:静岡がんセンター 植松孝悦)。

PPV3Entryとは

PPV3を集計/計算する上で、そのデータを収集/入力する必要があり、自施設の乳房画像診断の質を評価/確認するために大変重要な作業です。多忙を極める臨床現場において、少しでも入力の負担を減らすことと、全国で統一されたデータ収集を目的とするため、静岡がんセンター植松先生監修のもとで、フリーソフトのPPV3入力支援アプリケーションを開発致しました。

PPV3Entryアプリケーションのご請求について

ご希望の際は次の注意事項を全てご確認いただいた上で、下記リンクのお問合せフォームより、ご施設名、お名前、メールアドレス(必須)を入力頂き「PPV3Entry希望」を選択の上、送信下さい。後日アプリケーションのダウンロード方法のご案内メールを送付致します。

《注意事項》

  • 個人情報の取扱い
    弊社は、本フリーソフトの提供及びサポート、関連する事業のご案内のために必要な最小限の個人情報(氏名・所属団体・電話・FAX番号・住所・メールアドレス)を取得します
    第三者提供として、本フリーソフトのサポートに必要な場合、または、学術研究目的で取り扱う必要がある場合、本フリーソフトの監修元である静岡県立静岡がんセンター・植松孝悦先生に個人情報を提供いたします
    取得した個人情報は個人情報保護方針に従い適切に利用・厳重に管理するとともに、同意なく目的外に利用することはございません
  • 本アプリケーションをご利用される前に下記事項及び添付致します利用規約を必ずお読みの上、規約に同意していただく必要がございます
  • ダウンロード方法のご案内までに日数を頂く場合がございますが予めご理解いただきますようお願いいたします
  • 本アプリケーションに関する問い合わせにつきましては、問い合わせフォームよりお願いいたします。電話でのお問い合わせには対応いたしかねますので、予めご了承ください
  • 本アプリケーションはWindows10のPCで動作を確認しておりますが、ご利用者様のWindows10環境下においての動作を保証するものではありません
  • 本アプリケーションでは患者情報を保存します。データの取り扱いについては十分ご注意下さい。患者様へのデータ利用の同意、匿名化、非匿名化の出力データにつきましては、施設での個人情報保護方針の下で運用、管理をお願いいたします
  • 施設管理のPCでご利用される場合、施設のルールに従ってインストール運用をお願いいたします

一覧に戻る

facebook

Copyright© 2004-2022 Climb Medical Systems inc. All Right Reserved.