統合画像管理ツール「DCMView」

資料請求

統合管理システム 画面

撮影業務を総合的に支援し洗練された操作性と多彩な表示方法を合わせ持つ国産の統合管理ツール。
操作室からネットワーク越しに全てのモダリティの検査画像を一元管理でき、放射線技師の撮影業務の生産性向上を総合的に支援します。

いつでも、どこでも、どのモダリティでも同じ画面で一元管理

撮影画像の参照、公開、長期保管媒体の確認まで、撮影業務を一貫してサポート

検査一覧画面で検査の付帯情報と画像のサムネイル一覧を参照できます。また、患者の過去の検査履歴も閲覧できます。さらに、対象の検査や画像をマウスで操作するだけで、技師が読影医と同じ画像ビューワで確認することもできます。

導入施設や利用するユーザ別に、画面デザインや検査の並び順、表示項目を設定可能

「個人情報保護のため、患者名を表示しないでほしい」
「CTとMR検査のみ表示するボタンをつけてほしい」
「検査リストの文字を大きくしてほしい」
自分の好みの設定をしておけば、作業場所が変わっても同じ画面で操作できます。

動画や静止画などモダリティの相違を意識する必要のない、統一した操作性

新しいモダリティが増えても悩まされることなくすぐに管理できます。

より確実なワークフローの実現、認可機能による作業効率の向上と真正性の確保

一般的なPACSでは、モダリティからサーバへ送った検査画像について、まだ技師が確認中なのか、それとも読影医が読影を始めてよいのか、判断に迷う場合があります。
認可機能は、これらの問題への対処を可能とする当社オリジナルの機能です。
モダリティから画像を送っても、DcmViewで認可するまで読影医の目に触れることはありません。
技師は、撮影作業の間の都合の良い時に、DcmViewから読影医と同じビューワで画像を確認し、問題なければ認可して読影医へ公開します。
認可機能を活用すれば、技師は検査画像の真正性を保証でき、読影医の読影効率の向上に貢献することもできます。

より効率的な検査情報の編集機能

撮影する時に患者情報を誤入力したり患者を取り違えたりすると、撮影した画像データは有効でも付帯情報が間違ってしまいます。
当社システムでは認可前の画像については、DcmViewから画像の付帯情報を編集することができます。
画像の内容は有効で患者情報が間違っているだけであれば、もう一度患者を呼び戻して再撮影する必要はなくなります。
技師の作業負荷を肉体的にも精神的にも軽減します。

より迅速で、強力な検索機能

検査日付、患者氏名や患者ID、受付番号や検査記述など多様な項目を組み合わせて自在に検索することができます。
「過去1週間に検査した、患者名が"MI"で始まる、MR検査」、「昨日検査した、患者IDの下三桁が"102"の全検査」など、曖昧な検索も可能です。

一覧に戻る

facebook

Copyright© 2004-2017 Climb Medical Systems inc. All Right Reserved.