会社沿革

西暦 トピック
1993年 クライム創業
個人事業として豊中市で開業
病院の放射線科情報システム等を開発
1996年 株式会社クライム設立
1998年 循環器系X線動画ネットワークシステムを国産初開発、康生会武田病院(300床)に納入
2000年 循環器系X線動画ネットワークシステムを国立循環器病センター(640床)に納入
2001年 マルチモダリティ画像サーバを開発、市立伊丹病院(400床)に納入
日本画像医療システム工業会(JIRA)に入会、IHE-Jプロジェクトに参加
2002年 株式会社クライムメディカルシステムズへ社名変更
本社をニッセイ新大阪ビルに移転
2003年 マルチモダリィ画像サーバを榊原記念病院(320床)に納入
2004年 東芝メディカルシステムズ(株)と、アンギオ専用三次元画像処理システム共同開発
2005年 薬事法改正に伴い第二種医療機器製造販売業を取得
中小企業新事業活動促進法に基づく経営革新計画承認を取得
マンモグラフィ画像診断ワークステーションmammaryを開発
2006年 医療機器のための品質マネジメントシステム ISO13485(2003)認証取得
2007年 マンモグラフィ画像診断ワークステーションmammary 15Msp表示を開発
2008年 国立循環器病研究センターを第3世代目のシステムへ更新、動画を院内へWeb配信開始
2009年 マンモグラフィ画像診断ワークステーションmammary 15Mspで10ビット表示実現
本社を千里ライフサイエンスセンタービルに移転
2011年 「平成23年度 おおさか地域創造ファンド重点プロジェクト事業助成事業(医薬品・医療機器事業化・成長促進支援プロジェクト)」として「乳癌画像診断におけるマンモグラフィの診断精度、読影効率を向上させる画質均質化技術の開発」を採択される
2012年 「大阪ものづくり優良企業賞」の特別賞を受賞
経済産業省近畿経済産業局 関西ものづくり新撰 選定
2013年 『ものづくり中小企業・小規模事業者試作開発等支援補助金』に「DICOM RT Viewerの開発」が採択
2014年 マンモグラフィ画像診断ワークステーションmammaryがシステムソフトウェアとして米国 FDA510(k)を取得
2015年 オリジナルピンクリボンバッチが【 P- 1 (ご当地ピンクリボンバッジ)グランプリ】で企業部門3位入賞
2016年 設立20周年を迎える
2017年 日本放射線腫瘍学会 第30回学術大会で「放射線治療ビューワを用いた治療計画データの共有によるチーム医療への貢献」をテーマにモーニングセミナーを開催
2018年 医療機器のための品質マネジメントシステム ISO13485(2016)規格移行
放射線治療用ビューワRT HUNTERの医療機器認証を取得
2019年 東京大学医学部附属病院(1,178床)にマンモグラフィ画像診断ワークステーションmammaryを納入

一覧に戻る

Copyright© 2004-2022 Climb Medical Systems inc. All Right Reserved.