第6回 3D-PACS研究会

【演題】

モーニングセミナー

『MR造影剤関連』
エーザイ株式会社 画像診断領域室 久本圭史郎先生

シンポジウム

『乳房画像診断に用いる医用画像表示装置の特性と管理』

  • 「乳房画像診断に用いる医用画像表示装置の特性と管理」
    名古屋大学 津坂先生
  • 「マンモグラフィ専用画像診断ワークステーションmammaryの特長〜日常の精度管理システムの紹介〜」
    クライムメディカルシステムズ株式会社 営業部 小山田薫

    内容:mammaryの基本的な特長と新しいmammary QCの紹介
  • 「PhilipsマンモビューワIDS7/mxの特長と導入事例」
    フィリップスエレクトロニクスジャパン
  • 「XTREK MAMMOトモシンセシスオプションのご紹介」
    ジェイマックシステムズ
  • 「放射線機器管理について」
    メディカルクリエイト

基礎講演Ⅰ

「デジタルマンモグラフィの品質管理とその評価」
千葉大学医学部附属病院 放射線部 奥村健一郎先生

基礎講演Ⅱ

「デジタルマンモグラフィの臨床」
国立がん研究センター中央病院 放射線診断科 五味志穂先生

ランチョンセミナー

「MDM,iNtuition REVIEW,細胞診標本撮影装置の紹介」
キヤノンライフケアソリューションズ、テラリコン、トーレック

マンモ3Dの話題

  • CT:センチネル 国立病院機構災害医療センター 武田聡司先生
  • MR:マンモ撮像 公益財団法人北福島医療センター 丹治一先生

特別講演

「デジタル時代における乳腺診断の基礎知識」
国立がん研究センター中央病院 放射線診断科 内山菜智子先生

機器展示・紹介:mammary 

デモ機「mammary」を展示。
先生方との情報共有や意見交換など、幅の広い交流ができた充実した研究会でした。

講演会


デジタル化、ボリュームデータ化になりつつある乳腺領域に着目したデジタルマンモグラフィの構築や精度管理、ボリュームデータの活用法といった講演会が開催されました。
第6回 3D-PACS研究会 出展概要
期間 2013年12月22日(日)
会場 キヤノンマーケティングジャパン 品川本社
出展製品 mammary

一覧に戻る

facebook

Copyright© 2004-2018 Climb Medical Systems inc. All Right Reserved.