開発・サポート方針

開発

  • 1998年に国産で初めて動画像ネットワークシステムを開発。
  • DICOMサーバ、レポート、ビューワ等自社で開発を行っている為、ご要望に応じた製品カスタマイズや個別開発にも柔軟に対応。
  • 医療現場の声や最新情報を取り入れ、素早い製品への対応に努めています。
  • DICOM規格への準拠・IHE-Jプロジェクトへの参加等を通じて、他社PACS等とのスムーズな接続を実現。
  • 長年の実績から電子カルテ、既存システム等との連携が豊富にあり、容易な対応が可能です。

サポート(保守)

提供サービス

  • 医療機器に関する技術、運用面にスキルを持ったサービスエンジニアが担当いたします。
  • お客様の運用管理目標、システム構成を理解し、技術、運用面でお客様の課題解決のための支援を行います。
  • システム導入時の設置、装置との接続確認、及びお客様に対する取扱いのご説明を行います。
  • お客様のシステム構成情報、病院情報、ご担当者名などを弊社内のデータベースで管理いたします。
  • サービス専任メンバーだけでなく、必要に応じて開発メンバーが直接対応し迅速にサポートいたします

保守内容

オンサイト(訪問)修理 15:00までの連絡でオンサイト修理が必要な場合は、翌営業日に訪問対応いたします。
製品パーツ保証 弊社が故障個所を特定し、システムの復旧に必要な補修部品の提供、交換を実施します。
(補修部品に関しては有償の場合もあります)
定期点検 機器の性能を維持するために、各部の点検、モニタの精度管理を行います。(基本1回/年)
リモートメンテナンス 公衆回線(ISDN)経由や専用光回線による常時接続にて遠隔操作によりサポートいたします。
電話サポート 電話によるサポートは「平日(月)〜(金)9:00〜18:00」

リモートメンテナンス

このサービスは、実際に保守サービス員を派遣させること無く弊社リモートサービス端末からお客様のシステムと通信を行い、故障対応など様々なサービスを提供するものです。
接続は公衆回線(ISDN)や専用光回線によるセキュアなネットワークシステムを使用します。

(1)障害対応

故障発生時にあらかじめ異常箇所の特定や対応策を検討してから保守サービス員を派遣いたしますので、効率的な対応が可能となります。またハードウェア的な問題でなければリモートサービスのみで直接速やかに復旧させることが可能な場合もあります。

(2)Climb24(サーバ監視・予防保守)

装置・システムの自己診断機能を定期的に動作させることにより、機能の一部または全体が使用できないような重大障害の徴候を24時間365日監視いたします。 ※専用光回線のみ

(3)ソフトウエアの改訂

機能向上や改訂などのソフトウェアを更新する必要がある場合には、リモートサービスによって弊社より直接改訂・更新作業を行うことが可能です。

一覧に戻る

Copyright© 2004-2019 Climb Medical Systems inc. All Right Reserved.